メリットを知ろう

オンナ

目の下のたるみのための手術はヒアルロン酸注入法やレーザー治療などの手術があります。各々のメリットは、前者については、手軽で受けることができる点などです。また、後者については、身体への負担が小さく、ダウンタイムも少ない点などです。

詳細を確認する...

人気の目の施術

女の人

大阪の美容外科クリニックでは、まぶたを二重にする方法として埋没法がとても人気です。この施術方法は、特殊な糸でまぶたの皮膚を数箇所留めることで二重にするものです。施術の痛みもなく、ダウンタイムもそれほど有りません。なので、とても手軽に行える施術です。

詳細を確認する...

メカニズムと整形手術

美容整形

眼瞼下垂のメカニズムは、まぶたを持ち上げる筋肉が弱くなることで起こる症状です。その原因は加齢と疲労です。その治療方法としては、眼窩隔膜や前頭筋などの他の筋肉を利用して治療する手術があります。自分に合った治療法を選択しましょう。

詳細を確認する...

目を切らない手術法

美容整形

東京に多い

眼瞼下垂の名医に関しては東京に集中していると言えます。主に全国展開しては美容クリニックよりも東京に数カ所程度店舗を持つ程度の規模の美容クリニックに名医は多いです。眼瞼下垂の施術に関しては、メスを目に入れるということで抵抗のある人が多いのですが、名医のいる美容クリニックであるとそのような目にメスを入れるような施術法ではなく、目を切らずに施術を受けることができるので安心です。また、メスを入れるとしても傷が外からは見えない高度な技術を持っている名医がいるので、そのような名に眼瞼下垂の施術を依頼すると良いでしょう。眼瞼下垂の施術に関しては、40万円から60万円程度が相場であり、名医に依頼する際もこの程度の費用で依頼できます。

どんな施術法があるのか

眼瞼下垂の施術法には目にメスを入れない方法、入れる方法があります。メスを入れない方法に関しては、埋没式挙筋短縮法という方法があら、まぶたの裏から糸で引き上げて固定する方法です。この方法で使用する糸に関しては、身体に悪影響の無いものを採用しているので安心です。目にメスを入れる方法に関しては、経皮的腱膜固定法といったものがあります。この施術法は難易度がとても高く、受けるこのできる美容クリニックはとても少ないです。この施術法の魅力は皮膚に傷がつかない点であり、そのため、術後の傷跡の心配もありません。基本的に眼瞼下垂の施術法に関しては目にメスを入れる方法が一般的であり、メスを入れない施術を受けることのできる美容クリニックは少ないです。