メカニズムと整形手術

美容整形

メカニズム

眼瞼下垂は目が開きにくくなることを指しますが、実はそのメカニズムはよく知られていません。そこで、ここではなぜ目が開きにくくなるのか、その原因を身体的な観点から説明していきます。まず、目を開くには目の周りにある筋肉を使用することで可能になります。この目の周りの筋肉を、専門的な言葉で言うと、眼球の周りにある瞼板の筋肉のことです。この瞼板の筋肉が弱まると目を開く力が弱まるということなので、開きにくくなります。これが眼瞼下垂が起きるメカニズムです。なぜ筋肉が弱くなるのかというと、やはり加齢と疲労です。加齢によって筋肉がどうしても衰えてしまいます。また、疲労が蓄積されると、筋肉が弱体化してしまうのです。

整形手術

眼瞼下垂の治療にはどのようなものがあるのかというと、整形手術があります。しかし、整形手術といっても、いろいろと種類があります。たとえば、眼瞼拳筋腱膜前転術や前頭筋吊り上げ術などの治療法方が有名です。眼瞼挙筋腱膜前転術という治療法はどのようなものかというと、眼窩隔膜をはがして瞼板とよばれる骨にくっつける手術のことを言います。眼窩隔膜は眼瞼挙腱膜と繋がっているので、目の開きが一層容易になります。また、前頭筋吊り上げ術というのは、前頭筋とまぶたをつなげる手術です。前頭筋は眉毛をあげるときに使われる筋肉で、これがまぶたとつながることでまぶたを開きやすいようにします。眼瞼下垂にはこうした治療方法があります。