人気の目の施術

女の人

大阪の美容外科では、目の二重施術として埋没法が人気を集めています。この埋没法とは、まぶたの皮膚を切らずに自然な二重にできる方法です。具体的な施術法は、まぶたの皮膚の内側に糸で2または4カ所を固定して二重のラインを作ります。手術の糸は皮膚の内側に埋め込まれるので、後で抜糸する必要はないです。この糸は、体の中に残っていても特に影響はないです。術後の腫れも少なく、ナチュラルな仕上りになります。視力への影響を心配する方も多いですが、眼球への施術ではないので特に影響はないです。ただし、稀にまぶたの開き具合が変わって一時的に明るく見えることがあります。大阪の埋没法は、二重の形が気に入らなければ元のまぶたに戻すことも可能です。なので、安心して施術を受けることが可能です。

大阪の美容外科で行われる埋没法は、二重まぶたになりたい方にとって気軽に行える方法です。ですが、施術の際にはいくつかの注意点が有ります。それは、埋没法はメスを使いませんが、施術後には腫れや内出血が起きる可能性があることです。大阪の美容外科では、手術前後に患部を十分に冷やして施術を行います。しかし、大きな腫れは3日程度、内出血が起きた場合も数日くらいは続きます。したがって、なるべく仕事が休みになる金曜日に施術を受けたほうが良いです。なるべく腫れや内出血を生じない方法として、手術中に目に力を入れないことが大事です。それと、術後の3日間は熱い風呂に入らないこと、激しい運動、お酒を控えることが重要です。